ガラパゴスな日記

雑多なブログです。

路地裏の老舗美容室PART.5

路地裏とは限らない路地裏の老舗美容室達。

f:id:osanpo2020:20200918183851j:image

大量の植木は様式美ですね。

私が撮り貯めた理美容店の中でも存在感No.1です。
f:id:osanpo2020:20200918183847j:image

引き戸とは胸熱な作りをしています。

営業中なのもカッコいい。

トリートメントとかあるなら行ってみたいですね。

f:id:osanpo2020:20200918183843j:image

トタンとタイル貼りのダブルパンチ。

 

ガラスの扉

大量の植木

モダンなフォントの看板

タイル貼りの壁

 

大切な物は全て揃っております。f:id:osanpo2020:20200918183856j:image

手製の看板が可愛い。

店主のセンスが出てますね。
f:id:osanpo2020:20200918183838j:image

何と素敵な看板!!

屋号入りですね。

入口の照明も可愛いです。

f:id:osanpo2020:20200918183834j:image

裏側はエレガントで素敵なイラストが描かれています。

こんな看板出してるお店は見た事無いです。

入りたい!入りたい!入りたい!

レトロ美容院マニアなら、そう思わずにはいられない店です。

 

それでは次回お会いしましょう。

 

路地裏の老舗美容院PART.4

路地裏とは限らない老舗美容院です。

今回の外観も80‘s風です。

真っ白な外観を久々に見ました。

f:id:osanpo2020:20200916214718j:image

木枠のガラス扉

白い外観

王道ですね

出窓が無いのに雰囲気を漂わせるのはオーナーさんのセンスでしょうね。

f:id:osanpo2020:20200916214713j:image

早くもハロウィンのディスプレイを出しております。

昼間から電飾をキラキラさせている気前の良いお店です。

夜は万年クリスマスってかんじでしょうか…

見てみたいですね。

路地裏の老舗美容室PART.3

こんにちは。

マニアからチヤホヤされるのは昭和レトロ風の外観が大半です。

しかし個性で言えば80's系もオーラのある店が多いです。

大半がリフォームや外壁の塗り直しで、当時の面影を完全に残している店は珍しいですが、幾つかの共通点があり、これも外観としては立派なジャンルとなります。

f:id:osanpo2020:20200915195921j:image

ケーキ屋さんのような可愛らしい外観です。

私が小学生の頃に憧れていた美容院はDBに出て来るカメハウス系の外観でしたね。

その名残か…今でもポップな外観には魅力を感じます。

f:id:osanpo2020:20200915195917j:image

正確には1990年前後辺りのデザインですね?

バブル期と崩壊後では少々違っていますが、お洒落な家の基準はバブル期を引きずっていました。

その象徴的存在は出窓です。

プランターのお花も可愛いです。

出窓とのコンビはメルヘンそのもの。
f:id:osanpo2020:20200915195926j:image

看板も良い感じです。

カットとカラーでこの値段は安いですね(笑)

私はこのような外観も価値ある存在として、もっと評価されるべきだと思います。

 

路地裏の老舗理容室PART.2

f:id:osanpo2020:20200915084028j:image

路地裏とは限らない懐かしい感じのお店です。

こちらも安定のガラス扉です。

店名の書体が良い感じで、外観全体はポップな印象を受けますが入口や店内の雰囲気は昭和の後半と言った感じです。

ガラス扉には昭和お約束のラッピングがされており、窓下の外壁はタイル装飾です。

こちらは色焼けしたポスターなどはありませんが、窓と扉には同じ折りたたみ式のカーテンが付いていました。

素敵ですね〜

 

ではまた。

路地裏の老舗理容室PART.1

 

路地裏とは限りませんが床屋さんも素敵なところは沢山あります。

f:id:osanpo2020:20200914174340j:image

自転車のある外観は好きです。

老舗理美容店の雰囲気作りに生活感は必須です。

 

木枠のガラス扉

角の丸い窓

タイル貼りの外壁

モダンなフォント

色焼けしたポスター

 

シンプルながら大事な物は全て揃っています。

どの町にもある老舗の床屋さんですね。

素敵です。

 

理容室を見つけたら高確率で近場に美容室があります。

逆もまたしかり。

同業者は不思議と結構な割合で近場に固まって営業してます。

f:id:osanpo2020:20200914175033j:image

協会とかのキャラなんですかね?

クネクネしたサインポールのキャラは高確率で店先にいます(笑)

可愛いので好きです。

ではまた。

路地裏の老舗美容室PART.2

正直、何処から路地裏なのか分かりません。

あくまで路地裏や小路、駅遠に多く残っているので、このタイトルをつけています。

f:id:osanpo2020:20200913105947j:image

ベルジュバンスとはヘアケア用品の老舗メーカーさんらしいです。

ベルジュバンスサロン…響きが強いですよね。

茶店顔負けのビジュアルはロマンチック美容院の特徴でもあります。

木枠のガラス扉に角の丸い窓、屋号入りの看板は王道のビジュアルです。

こちらの店舗はブラインド派のようです。

レトロ系理美容店はカーテンとブラインドの二派があるイメージが強いです。

美容院→カーテン、理容室→ブラインドみたいなイメージでしたが、こちらはブラインドです。

f:id:osanpo2020:20200913105944j:image

看板も出ており営業しているようです。

中には人がいました。

風に揺れてキラキラする看板が素敵ですね。

文句無しに可愛いお店です。

開業したての頃のカラー写真あれば拝見したいですね。

 

 

 

 

激安ランチのアーケードゲームCafe&BAR

コンセプトカフェやバーと言えば、ぼったくり価格&通販の業務用レトルトや冷食を調理して見栄え良く盛り付けただけと言う印象しかない。

ちゃんと作ってる所もあるかもしれないが…

私はディズニーランドのレストランですらファミレスくらいの味だなぁ…と感じる人なので。

高級なところは知りませんが、カリブとかアリスはファミレスに毛が生えたくらいにしか思えませんでした。

問題は味より値段ですね。

f:id:osanpo2020:20200912164750j:image

ゲーセンではありません。

f:id:osanpo2020:20200912164115j:image

光の具合でこんな事に…

爆笑してしまいました。

首斬り婆娑羅(字合ってる?)とかいましたね。

私は火月派だったので何ともですが。

京庵好きな女は大体が右京か蒼月が好きなんですよ。

あれ何なんスかね…

f:id:osanpo2020:20200912165548j:image

食べたのはランチセット。

トマトクリームみたいな味でした。

味の濃さは普通かな。

濃厚な口当たりなので重く感じる人もいるかもしれませんね。

ドリンクのグラスも細いです。

量は少ない気がしなくもないですが、税抜¥500なんで。

しかも飲食するとゲーム無料らしいです。

味は業務用レトルトパスタソースだと思います。

昔の職場で社長が趣味でカフェやってたんですよ。

その時に業務用食品のカタログを見たり、事務的な意味で開封して内容確認したり…

色々と察しましたね。

はい(笑)

私は値段が値段なんで文句無いです。

空いていてゆっくり出来ます。

煩いしピカピカしてますが(笑)

カウンターで食べれば電子音だけです。

KOFのタイトルコールくっそ煩いですが(笑)

あれ不思議と耳に入ってくる。

私がKOF世代だからなのか…

夜はぼったくりかもしれませんね。

どんな人が来るのでしょう…

ランチこの値段と空き具合なら職場の近くにあったら便利でしょうね。

近くにタピオカ屋もありますし。

飲食店いっぱいで、この辺で働いてる人結構羨ましいな〜って昔から思ってたりします(笑)